東京優駿(GⅠ) の 追い切り を考察しました。
9b68605b-s

※枠番決定順です。


サトノインプレッサ【B】

[ 栗東 ]CW(良)併せ 馬也
 >(6F)81.2-66.3-52.4-39.0-12.7

 馬場外め追走から直線は僚馬の内で並ぶと、馬也のまま前へグッと出てそのまま一人旅。長い四肢で腰高。沈み込む感じでなく淡々と加速していくフォームで気勢豊富も、手綱は短く持っていて若干気負ってる様にも見える。前走馬群を割る脚がなく挟まれ失速と、既走は後方末脚タイプ。で、最内枠。この舞台が合うかどうか。マイルよりは距離伸びた方が良い印象も上がりの掛かる2000M前後がベターじゃないかな。

アルジャンナ【B】

[ 栗東 ]坂路(良)併せ 末強め
 >> (4F)53.2-38.6-24.8-12.4

 僚馬の内馬場の真ん中を併走し終いの坂で気合いを付けられる。前の掻き込みが強く活気のある走りでディープ産駒らしく伸びやかさもある。もう少しトモがパンとしてくれば極め脚を使えると思うが、未だトモの入りも浅くひ弱感あり。レースの立ち回りが上手な馬なので内枠は好材料も折り合い面に不安のある馬で、今ケイコでも気勢が豊富過ぎて。

ワーケア【B】

[ 美浦 ]南W(稍)併せ 強め
 >> (5F)66.6-51.5-38.4-12.2

 三頭併せの中を直線並び併走。仕掛け徐々に加速し先着。トモに力強さがあり長い直線でこそな感。只、反応はいつも通り然程で、馬体を寄せた時に若干気にしてる面は気になった。ローテに順調さを欠いた分が出てるのかも。脚質からも中~外めの枠がベターだと思うが。

レクセランス【B】

[ 栗東 ]坂路(良)単走 稍強め
 >> (4F)53.9-38.7-24.7-12.4

 外のラチ沿いを稍強めに追われる。走るシルエットは悪くないが、馬格の割に細く見え、追っても反応乏しく気勢に乏しい印象は受ける。左に頻繁引っ張られてるしハミ受けも悪いのだろうか。ひょうひょうとした感じなので距離延長は良いと思うが、地力が足りるかどうか。

コントレイル【B+】

[ 栗東 ]坂路(良)単走 馬也
 >> (4F)52.6-37.9-24.9-12.4

 皐月賞1着馬。外ラチ寄りを馬也単走。終い促されはしたが粗持った儘。ケイコの動きが見栄えする馬ではないが、先週CWで重賞馬と併せ猛時計を出し、当週は変に気負った面を見せる事無く馬也で指示通りの時計でコレなら秀逸。折り合いは付くタイプで反応も早く抜け出す脚も早い。視界良好。前走のパフォーマンス見れば誰もが思う事だが。

ヴェルトライゼンデ【B+】

[ 栗東 ]坂路(良)併せ 馬也
 >> (4F)54.3-39.6-24.7-12.2

 僚馬の内馬場の真ん中を併走しラス1仕掛けの終い余力。前膝を高く上げたフォームでも活気のある動きが出来ている。走法から中山コースの方が向いてる気はするが、終い一完歩毎の力感は中々。2週続けて活気のある動きで好状態。

ブラックホール【C】

[ 栗東 ] 坂路 併せ(一杯)
 >> (4F)50.6-37.5-24.8-12.6

 追走から直線並び直ぐに仕掛け、ムチを入れて目一杯に追われ遅れ。動きが悪いという訳ではないが、前進気勢が希薄。時計は悪くはないものの、美浦の坂路で是だけ目一杯追われればOPクラスの馬であれば普通に出る時計。併せた相手が同歳未勝利馬の同父の馬だけに見栄えは悪い。

ビターエンダー【B-】

[ 美浦 ]南W(稍)併せ 一杯
 >> (5F)65.5-50.6-37.4-12.6

 追走から僚馬内で直線並び、先んじ乍ら相手を待っての併走も遅れ。かなりハードな内容でフットワークに力感ありも、あっさり同歳未勝利馬の僚馬に置かれてしまったのはちょっと。

ダーリントンホール【B-】

[ 美浦 ]南W(稍)併せ 稍強め
 >> (5F)67.1-52.0-37.9-11.3

 追走から僚馬(古3勝クラス)の内で相手を待ち、並んだ所で仕掛け先着。角周りで行きたそうにしており直線馬体寄と所ではガチガチの状態。手綱を緩め追われると一気に伸びたが、是だけ行きたそうな馬を、直線でおっ放せば大概の馬は手応え良く伸びるモノ。距離延長で折り合い面での不安をのぞかせた。

コルテジア【A】

[ 栗東 ]CW(良)併せ 馬也
 >> (6F)82.1-65.5-50.9-37.5-12.3

 大幅な追走から角7分処を周り直線は僚馬外のラチ沿いを3馬身追走。持った儘の馬也でラス1で捉えると、余力一杯の脚色で先着。先週も3頭併せで好時計先着で当週はサラッとでも持った儘で好時計。若干スケール感に欠けるものの、気負った雰囲気はなく気分よく走れている。今走間隔空き試金石となるが中々の逸材。

ガロアクリーク【A】

[ 美浦 ]南W(稍)併せ 馬也
 >>  (5F)64.7-50.7-37.4-12.2

"

 皐月賞3着馬。追走から馬場の6分処を周り、直線は、先月OP昇給した僚馬(ダ短OP馬)の内を1馬身追走。軽い仕掛けで反応良く動き差を詰め、並ぶ間もなく其の儘の勢いで先着。四肢も良く伸びて一完歩毎の力感もあり。気勢豊富ながら折り合いも付いていて好印象。前走からの上積みもありそう。

サリオス【B+】

[ 美浦 ]南W(良)併せ 馬也
 >> (4F)53.6-38.9 -12.3

 皐月賞2着馬。追走から5分処で、八カ月振りに復帰戦を走った僚馬(古2勝クラス)内を周り直線1馬身追走。御しながら半馬身差で併走しクビ差遅れがゴール。発汗はかなり目立ちいつもの事だし遅れも手控えたもので問題なし。寧ろ当馬の最終追い切りとしては素軽さが目立つ内容で、この雰囲気なら距離は持ちそうだ。好印象。

ディープボンド【B】

[ 栗東 ]CW(良)併せ 馬也
 >> (6F)81.5-66.2-51.0-37.8-12.1

 京都新聞杯1着馬。馬場7分処を馬也単走でラス1軽く仕掛け。間隔が詰まってるせいかゆったり目に駆けさせた内容。手前換えもスムーズでストライドが大きい馬だけに東京コースは合いそうだが、エンジンの掛かりは手間取りそうな印象が強い。

マイラプソディ【B+】

[ 栗東 ]CW(良)単走 馬也
>>(6F)88.9-71.8-54.9-39.0-11.6

 先週は三頭併せの中で好時計。当週は火曜左周りのCW馬也単走。ゆっくり角を周り直線でハミを執り活気のある動きが出来ていて前走よりは状態は良さそう。只、未だ腰が甘いせいか若干上づった走りになっており、上へになっている。もう少し腰がシッカリしてくれば直線で良い脚を使えるだろう。馬群での折合いに難がある馬だけに枠はベターで、如何にリラックスさせて道中をやり過ごすか。

サトノフラッグ【B】

[ 美浦 ]南W(稍)併せ 馬也
 >> (5F)66.5-51.4-37.3-12.0

 追走から5分底路を僚馬(同歳1勝クラス)の内で、直線寄せると前へ出ようとストライドを伸ばすも御され併走促され。動き自体は良いが、やはりエンジンの掛かりは早く使える脚が短いのかも。ラス1肩ムチ入れたが反応に乏しく伸びが見られなかった。前走時に強い追い切りし過ぎで今追い切りはセーブしたとの事だが、やはり前走メイチからの上積みは乏しく良い所平行線か。

マンオブスピリット【B-】

[ 栗東 ]CW(良)併せ 馬也
 >> (5F)70.5-53.4-38.4-11.9

 追走から馬場8分処を周り直線は僚馬内へ。徐々に加速し併走同入。この馬也に良く動けているが、手応えや気勢の面で若干物足りない内容。

ヴァルコス【B+】

[ 栗東 ]坂路(良)単走 馬也
 >> (4F)54.8-40.0-25.8-12.8

 終いだけサラッと。大型馬だけに動きに機敏さは無いものの、フォームはシッカリとしていて力感があるし最後の坂も難なく登坂している。この手の馬は追走に四苦八苦するが直線で早めに仕掛けてもジリジリと伸びてくる馬が多い。先週のウインマリリンの様な感じだが、テンは遅いので外枠だと追っ付け通しになりそう。ゲートを出ないと厳しい。先週に三頭併せで負荷は掛けている。

ウインカーネリアン【B+】

[ 美浦 ]南W(稍)併せ 馬也
 >>(5F)67.6-53.1-39.2-11.9

 追走から外ラチ沿いを走る僚馬の内を、相手を引っ張る形で併走同入。リラックスして駆けられており、寄せられて掛かる面も見られない。恐らく先手へ行く馬だろうし、脚質を考えれば御の字以上の出来。前走もあのメンバーであわや3着といった場面で4着確保なら相当善戦したクチ。大外だけど競る様な馬はいないし、再度善戦しても。


 競走馬の目標といっても過言ではない東京優駿(日本ダービー)。流石に各馬仕上がりや状態は中々。差し当たって気になるのが、週末の天気と馬場。幾らか日曜日は関東雨マークが付いているものの少量の見込み。只、メインレース時に降雨だと若干難解にはなりそう。

 あとは馬場状態。先週の馬場は、それ以前の異様な前残り馬場は落着き、外差しも効く馬場に移行しつつある様相。しかし、極端に内馬場が痛むことも考えにくく、内の先行馬有利は未だ続きそう。

 今走ハナを主張したい馬が少なく、大外枠のウインがハナに行きそう。ただ、ジョッキーも土曜の馬場傾向から直前迄のレースの傾向を踏まえつつの騎乗になりそう。今週も土曜日や日曜午前中の馬場傾向は注目。


良く見えたのは、コルテジア、ガロリアクリーク

コントレイル、サリオス、ヴァルコス、ウインカーネリアンは引き続き良さそう。

マイラプソディ、ヴェルトライゼンデは上積みありそう。

状態がイマイチなのか、デキ落ちなのかという馬は、サトノフラッグ、ワーケアあたりで、他は、抑々能力がたりるのか否か半信半疑。やはり、コントレイルとサリオスが一枚抜けてると思います。

最終追い切り良く、
抑えたい穴っぽい馬はコチラ→
 
(左に1頭、右に1頭ランキング紹介文に記載。)
※ランキング先での表示更新に時間が掛る場合があります。

   読者登録で記事の更新通知届きます(無料)

狙い馬の根拠は、更新通知メール内にて配布するかも
 ※ / 送信済み

 一定期間、メール通知内のリンクからアクセス無しの方は、メール配信されてない様です。その場合は、過去メール又は最強ランキングより、通知メールの再登録をすると再度メール更新通知が届きますのでご了承下さい。



 応援クリックお願いします